射出成形

射出成形とは

射出成形は、最も一般的なプラスチック成形方法です。

 

射出成形製品は、他のプラスチック成形法方よりも製品の完成度、寸法精度が良いため、いろいろな分野、用途も多種多様です。

 

射出成形でできるもの
下記のようなものが射出成形から生まれます。

 

日用品

日用品(洗面器、歯ブラシ、植木鉢、衣装ケース、飲料容器のキャップ等)

 

工業部品

工業用部品(ハウジング、ギヤ、ワッシャー等)
電気OA製品(テレビ部品、エアコン部品、電話機部品、携帯電話部品等)

 

 

自動車関連部品

カー用品・自動車関連部品(バンパー、カバー、ウインカー、各種ボタン、ランプカバー、モール等)

 

精密機器(カメラ本体、内部部品、レンズ、カバー、携帯電話部品等)

 

医療用具(注射器、検査用トレー、サンプリングカップ、ピンセット等)

 

生分解樹脂加工品

生分解性樹脂とは土に埋めると分解
焼却しても害がない
環境にやさしいエコ製品です

 

 

射出成形からさまざまな分野で非常に多く使われています。

 

射出 成形の原理

キャビティ(凹型)、コア(凸型)からなる金型内に製品形状を彫りこみ、成形機内で加熱され溶融したプラスチック原料を金型内に高圧で注入します。
そして樹脂が冷却され、製品の形になります。そして金型が開いた際に製品が取り出されます。自動化しやすく生産性が良好です。

 

 

射出成形機

このような機械を使用して、プラスチック製品を作成します。

 

 

射出成形

 

ホーム RSS購読